キャレント 審査

キャレント 審査

  1. 平均的な審査内容でしょう
  2. インターネット専用だから申込も簡単
  3. キャレントの事業者ローン
  4. 今のキャレントは正規金融業者
  5. キャレントの黒い噂?今は安心です

 

平均的な審査内容でしょう

審査の甘い中小消費者金融キャレントは利用限度額500万円です。
簡単に借りれる金額ではないのですが、中小消費者金融としてのこの金額は、大手並です。
また、上限金利18%というのも、大手消費者金融と変わらないと評判です。

 

審査が甘いとは?

多重債務者で大手消費者金融で審査通過ができない方も審査対象になります。
具体的な借入件数の指定はないのですが、収入があり総量規制範囲内なら小口融資に対応しています。
利用者の多くが、最初は数万円のキャッシングと言われていますが、申込した時の総量規制の範囲内と返済能力によって、希望金額に満たない場合も少なくないです。
返済日の指定もでき、カードローンではないのですが、振込キャッシングの消費者金融業者として、評判になっています。

 

審査は2段階

最初は希望金額を入力し、目的を聞かれます。
これは中小消費者金融の申込としては珍しい内容ですが、ここから申込フォームが送信されてきます。
目的をはっきりさせた上で、返済能力は2段階目の審査になります。
シュールな審査で、申込内容出不備がなければ、そのまま審査回答のYES・NOのメールが来ます。
本人の身分証明書などと契約書の送付で即融資になります。
中小消費者金融にありがちな電話審査もなく、ダメならダメと結論は早いです。
口コミなどでも、債務整理や多重債務者でも対応としかわからないので、具体的な数字での審査内容は不明ですが、とりあえずブラックリストでも申込ができるようです。

 

新参のキャレント

キャレントは以前から営業していた中小消費者金融ですが、リニューアルしてから数年しか経っていないです。
インターネット専門キャッシング会社としてスタートして間もない事から、新参のキャレントです。
グレイな噂が絶えなかったキャレントですが、今のキャレントは審査が柔軟な中小消費者金融として評判です。
利用者が増えることで、口コミ情報も多くなりことは考えられますが、現在は、ブラック対応の正規金融業者として、借りやすいインターネット専門キャッシング業者と思って良いでしょう。

 

審査基準は中小消費者金融並

特別審査が甘いわけではないのですが、総量規制と収入が安定していることがポイントになります。
契約までのスピード審査、24時間365日の受付、即日融資に対応という中小消費者金融にしては、ハイスピードな受付がウケています。
三菱東京UFJ銀行に口座があれば返済方法が引き落としが選択できるというのも注目です。
他の中小消費者金融にはない新しいサービスといえます。
振込キャッシングでカードローンはありません。

 

▲上に戻る

 

インターネット専用だから申込も簡単 

キャッシング審査では、個人信用情報機関の確認をします。
そこでブラックであることが判明したとしても審査は続けられます。
申し込みフォームにブラックである債務整理であることを明記しておくと良いと口コミにありました。

 

必要書類も少ない

中小消費者金融の申込の場合、審査通過後の必要書類が多い場合がありますが、キャレントは本人確認書類のみです。
運転免許証か保険証があればOKです。
50万円以上の借入の際は収入証明書が必要です。
ただし、個人事業主の場合は、確定申告書など所定の書類が増えますが、これはキャレントが特別書類が多いのではなく、消費者金融、銀行カードローン審査でも同じ内容です。
審査通過後、郵送かFAXで対応で振込キャッシングになります。
即日融資ですが、この郵送が届き次第ということですから、FAX利用がおすすめです。

 

申込者は収入がなければNG

収入がないと大手消費者金融はNGです。
中小消費者金融の場合、専業主婦だけ配偶者貸付制度があるところも多いです。
安定した配偶者の年収を元に総量規制で専業主婦もキャッシングができます。
しかし、キャレントはこの配偶者貸付制度がありません。
専業主婦は収入のない無職として、あくまでも本人の収入が問題になります。
年金生活者についての記述がないのですが、これは最初からNGです、
なぜなら、キャレントの申込年齢は20歳から65歳です。
ただし障害者年金などの場合は、65歳以下でも支給されるのですが、確認が必要です。
在籍確認があるので、年金の扱いはどうなるかが不明です。
生活保護者に関しては、最初から審査落ちになるのですが、生活保護者はキャッシング自体禁止行為です。

 

全国対応は当たり前

キャレントが全国対応なのは当然です。
インターネット専用のキャッシング会社ですから、インターネットですべて対応します。
ですから、本社は東京ですが、全国からの申込ができます。
パソコンやスマホから簡単に申込ができ、24時間対応しています。
振込だけは銀行の開いている時間になりますが、審査は営業時間内に済ますことで、夜間や早朝の申込については朝一番のシンに取り掛かるようです。
スピード審査は大きな売りで、審査回答も早いまで、急いでお金がほしいブラックには嬉しいです。
中小消費者金融系としては、インターネット専用の新しい形ですが、引き落としの返済ができるなど利便性の高いキャッシングができます。
ただし、三菱東京UFJ銀行口座という指定がありますから、口座開設後の申込でなければ引き落としはできないと思って下さい。

 

▲上に戻る

 

キャレントの事業者ローン

キャレントの利用限度額500万円というのは、事業者ローンにも対応しているからです。
フリーローンがスーパーローンとして1つしかないことから、個人向けも事業者向けも同じ設定での説明になります。
わざわざ分けていないのもシンプルな申込ができる証拠です。
スタイリッシュなホームページで、簡単申込がキャレントの特徴です。

 

事業者ローン

500万円までOKということで、この場合は総量規制対象外になります。
これは個人ではなく、法人の申込に限定ですが、ホームページでの商品は1つしか紹介されていないので注意が必要です。
個人のフリーローンは、年収3分の一が限度額ですが、事業者ローンは別です。
その為、必要書類として、
本人確認書類(運転免許証・健康保険証)、
登記事項証明書、確定申告書2年分・決算書は本人が用意します。
またそれとは別に、キャレント所定の事業計画・資金計画・収支計画を用意することになります。

 

2回の申込

最初は、使用目的の入力になりますが、その時に事業者ローンであることを明記して下さい。
すぐにメールで詳細な内容がきます。
その時に必要書類などが書かれていますが、個人向けフリーローンでは、身分証明書だけで対応しています。
事業者ローンとなってところで、総量規制対象外になり、100万円以上は金利の上限が15%になります。
合理的なことですが、イマイチフリーローンと事業者ローンがわからないときには、応募フォームなどに質問をしてみて下さい。

 

電話は会員登録後

普通は電話での問合せですが、フリーダイヤルが使えるのは会員登録をしてからのことです。
ですから、申込のときのフォームで、要望などの欄があり、そこを利用することになります。
事業者ローンの審査については、キャレント独自の内容になります。
フリーローンのように単純ではなく、電話がかかってきて質問があることもあります。
一応事業者ローンの申込対象は、設立1年以上の法人、20歳から65歳までがターゲットです。
ですから、設立間もない会社であっても、キャレントの事業者ローンの利用が可能ですが、完済できる範囲内であることは当然です。

 

全国対応で契約可能

事業者ローンも全国対応です。
15%の金利でも会社としてきつい場合もありますが、最低完済ができる範囲の借入に留めましょう。
他社断られた方でも柔軟審査はありますが、それでもフリーローンで返済不能の債務整理と簡単に行かないですから、キャッシング審査には慎重になったほうが良いでしょう。
なお、キャレントの事業者ローンの口コミなどについてはあまり聞かないのですが、これは一見ホームページを確認してもわからない方が多いのも原因です。
フリーローンと事業者ローンが同じということで、借りられないと思っている方も少なくないからでしょう。

 

▲上に戻る

 

今のキャレントは正規金融業者

店舗を持たないキャレントはインターネット専用の金融業者です。
珍しい存在ですが、キャレント情報は更新日によっていろいろです。
新しいものが、現在のキャレントの姿です。

 

利用限度額が大きい、金利が18%

実質年率18%は、中小消費者金融にしては低い方です。
大手消費者金融でも18%のところは多いですが、甘い審査で金利が20%行かないキャレントは、これからも人気が出そうです。
これからと言うのは、リニューアルして数年しか経っていないからで、以前から金融業者なのです。
以前は店舗が国内にある中小消費者金融でしたが、インターネット専用金融業者として、新しい形のキャッシングを目指しています。
500万円の利用限度額と18%の金利は、優良金融業者といえます。

 

甘い審査らしい

らしいというのは、ブラックでも借りられている方の口コミが確認できたからです。
中小消費者金融として、多重債務者や債務整理者の審査通過は甘い審査の部類に入ります。
どの程度というデータはないのですが、プロミスなどの審査落ち後のキャレント申込で、利用ができたことで、ブラック対応キャッシングができると見て良いでしょう。
完済ができるまでの与信として、小口融資がポイントです。
利用限度額が大きいのですが、総量規制関係で消費者金融でそれぞれの年収に合わせた限度額になります。
また、多重債務者は余った総量規制範囲内のキャッシングになりますから、小口融資になるのは当然です。

 

振込キャッシング、引き落とし返済

中小消費者金融のキャッシングで振込は当然です。
カードローンであるところはまだ少ないですが、キャレントも振込キャッシングです。
申込者の指定銀行でOKです。
そして、三菱東京UFJ銀行の口座があれば、返済方法として引き落としを選択することができます。
これは、三菱東京UFJ銀行限定ですが、中小消費者金融にして引き落としができるのはあまりないです。
延滞の危険性が低くなるだけではなく、返済手数料もなく、ストリスフリーのキャッシングができます。
振込キャッシングなので、1度借りたら返済が大変という声は聞きます。
それが、他の引き落としと同時にできるのは、案外と嬉しい対応でしょう。
キャレントに申込をしたい方は、三菱東京UFJ銀行に口座を作ってからすることをおすすめします。

 

キャレントは正規金融業者

キャレントについてはいろいろな噂がありました。
現在のインターネット専用金融会社に関しては、正規金融業者であり、闇金的な要因はありません。
消費者金融情報の中で、日本貸金業協会に加盟していないことがクローズアップされますが、貸金業者としての登録番号は存在しています。
金融事故がある方も安心して借入ができるという街金です。

 

▲上に戻る

 

キャレントの黒い噂?今は安心です

以前はキャレントは店舗があった。
そんな話も聞きます。
しかし、現在はインターネット専用キャッシング業者ですから、店舗や電話での申込はできません。
また、紹介屋の口コミも多いです。
キャレント申込後@NEXTを紹介されるということです。
現在はそのようなこともなく、キャレント審査落ち後は、自分で探すしかないでしょう。
もし@NEXTの内容があれば、口コミで教えて下さい。

 

多分以前は闇金だった?

紹介屋があっというキャレントは、2010年ころの口コミでは闇金の雰囲気がありました。
日本貸金業協会に加盟しているしていないなどの情報も側鎖していますが、現在は加盟なしです。
しかし、貸金業法を守り、金融庁の登録番号は健在です。
ですから、闇金ではなく正規金融業者としています。
数年前にリニューアルをしてインターネット専用の正規金融業者となってと考えれば、以前のキャレントとは違うといっても良いでしょう。
口コミ情報については、最近の更新日を確認して、@NEXTとか紹介屋などの内容は現在はゼロです。

 

申込審査は2段階

最初の申込後、相手から本格的な審査の連絡がきます。
申し込みフォームはここからということですが、審査は中小消費者金融でいう一般的なものです。
ブラックリスト、金融事故内容の確認と総量規制範囲内、在籍確認が取れれば審査通過です。
多重債務者は借入件数が何件とか、債務整理後何年経過、任意整理返済中の申込みなどに詳細なデータはありません。
他社断られた方の審査はしますという形です。

 

◯◯詐欺にご注意という記事

そんな記事もありました。
キャレントという闇金も存在しているとかの口コミもありますが、過去を知ってしまった以上、現在のインターネット専用キャッシングニ大きな期待がかかります。
正規金融業者として、ブラック対応の中小消費者金融として、小口融資の審査通過ができればいいなという方は多いでしょう。
申込者としては、返済能力がなければブラックの審査は通りません。
キャレントで借りられたとして、完済できることが条件になります。
返済日の調整などは、メールの他会員登録後はフリーダイヤルが使えますから、早めの連絡を。
三菱東京UFJ銀行口座からの引き落としにも対応しています。
延滞防止のためにも是非利用して下さい。
振込返済もできます。
カードローンではなく、振込キャッシングで確実に返せる方限定のブラック融資になります。
収入がない専業主婦の配偶者貸付制度はなく、どうしてもキャッシングをしたい方は、パートやアルバイトなどの収入を得て1年くらい経ってからの申込みが必要です。