キャレント 審査

キャレント 審査

キャレントスーパーローンの審査はどのようになっているのでしょうか。
利用限度額は500万円ということですから、500万円までは融資可能ということです。
しかし、街金レベルの消費者金融会社で500万円まで融資を受けるのは普通ではないでしょう。
もっとも、属性が低ければやむを得ない場合もあります。
一般的に属性と言っていますが、属性の低い高いというのは、様々な部分で決定されます。
一番大きいのは、勤務形態です。
正社員であれば、属性は高く、フリーターや主婦では低くなります。
無職となるとそれだけで審査不可ということにもなりかねません。
もっとも、キャレントスーパーローンでは、フリーターや主婦でも申込み可能ということです。
500万円まで融資ができるとは思えませんが、10万円から50万円程度でしたら、即日融資も可能でしょう。
審査の状況によっては申込額の50万円は無理でも30万円なら即日融資可能という場合もあります。
キャレントでは、インターネット専門の金融業者の特性を活かして、スピード重視の融資を行っています。
金額が高くなければ当日の融資も十分に可能です。
その際は指定の銀行口座に振り込んでくれますから、当日の融資が希望でしたら少なくとも午前中には申し込むようにしたほうがいいでしょう。
WEBから申込みができるので、24時間365日受け付けてくれるのがうれしいところです。
審査スピードが速いので、銀行カードローンよりもすぐに融資を受ける点もメリットと考えていいでしょう。

必要書類は、振込先口座などで、収入証明書は原則として必要ありません。
もっとも、100万円を超える融資の申し込みとなると、源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要となる場合もあるでしょう。
金融屋というのは、申し込み者にできるだけ融資をしたいと考えます。
100万円の融資は難しくても、「まずは10万円からどうですか?」といったように少額融資を勧める場合も多々あるのです。
消費者金融系のメリットはそこにあります。銀行系でしたら、融資額ですぐにはねられるのですが、消費者金融系でしたら、満額回答はできなくても、これくらいの融資なら、といった具合に他のケースを提案してくれるのです。
申込みをする側としては、少しでも融資をしてくれるのはありがたいですから、それも渡りに船となるでしょう。
審査に通るかどうか不安な人でも、最初は可能性を信じて銀行カードローンに融資の申込みをすることだと思います。
そして、審査に落ちると消費者金融会社のカードローンに申し込むことでしょう。
しかし、大手の消費者金融会社では、信用情報機関に加盟しているので、審査に落ちたという情報も共有しています。
審査に落ちるというのも、マイナスなイメージになるので、その時点で審査にパスするのが難しくなるのです。
そうなるとどういった方法があるのかというと、中小消費者金融会社に融資の申込みをするのです。
同じ金融機関でも、中小消費者金融会社や街金と呼ばれる小規模の消費者金融会社は、信用情報機関に加盟していないところが多いのです。
そうなると、審査も独自のものになりますから、中には審査の緩い消費者金融会社も出てくるのです。

キャレント 審査関連ページ

消費者金融会社キャレント
キャレントは、東京都品川区五反田にある消費者金融会社です。本店のみですから規模としては中小消費者金融会社というよりも、街金に近いものになるかもしれません。一般的に街金レベルの消費者金融会社になると、審査も緩やかですぐに融資してくれるイメージがあります。
キャレントの金融商品
中小消費者金融会社であるキャレントの金融商品を紹介します。紹介と言ってもキャレントの金融商品は至ってシンプルです。というのも1種類しかありません。金融商品の名前は「キャレントスーパーローン」です。このキャレントスーパーローンはいわゆるカードローンではありません。というのもカードは不要だからです。
キャレント 街金
街金となると、連想するのがヤミ金ではないでしょうか。信用情報機関に加盟していないから、ヤミ金では?と思う人もいることでしょう。信用情報機関に加盟していないからといってヤミ金というのは間違いです。
キャレント 口コミ
キャレントで融資を受けた人からの多彩な口コミを紹介します。「あらかじめ、キャレントがどのような貸金業者なのか、消費者金融情報などで調べておいたので安心して融資の申し込みができました。過去に滞納した履歴があるので、属性的に不安でしたが、完済していますし、その点は問題なかったようです。50万円の申し込みを希望しましたが、満額回答で、すぐに指定の口座に振り込んでくれました。この消費者金融会社はおすすめですよ。本人確認書類も必要なかったので、大丈夫かなとも思ったのですが、後で話を聞くと、写メなどで運転免許証を送るシステムでした。こういうのも合理的だなと思いましたね」