キャレント 金融商品

キャレントの金融商品

中小消費者金融会社であるキャレントの金融商品を紹介します。
紹介と言ってもキャレントの金融商品は至ってシンプルです。
というのも1種類しかありません。
金融商品の名前は「キャレントスーパーローン」です。
このキャレントスーパーローンはいわゆるカードローンではありません。
というのもカードは不要だからです。
利用限度額は500万円までとなっています。
気になる金利ですが、7.8%から18%です。
7.8%の最低金利は、キャレントスーパーローンの融資限度額である、500万円にかかる金利と考えるといいでしょう。
ですから、10万円程度の融資金額になると、それにかかる金利は18%になると考えて間違いありません。
基本的に、融資額が多くなるほど金利も低く設定されます。
それでも、500万円の7.8%というのも、単純に年利計算すると39万円ですから、かなりの金額になることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。
このキャレントスーパーローンでは、担保や保証人は不要です。
WEB専門のネットローンということで、スピードを重視しています。
10万円から50万円あるいは100万円まででしたら、即日融資に対応してくれるでしょう。
利用者側で、自分の属性に不安があるという人は、キャレントのホームページに、ネット借入れ診断があります。

設立年数、他社借入総額、延滞の有無の3つのみです。
基本的に、延滞さえなければ「融資可能と思われます」という表示になるでしょう。
WEBでの申込みも、専用のフォームがあるのでそれに沿って入力していくだけですから、簡単です。
サイトにも書かれているように、3分もあれば入力できるでしょう。
もっとも、即融資というわけではありません。
審査があるので、多少は待たされることになります。
また、金融事故いわゆるブラックということになりますが、そういった人は審査ではねられます。
ブラックとまではいかなくても延滞がこれまれ数多くあるという場合が、審査に時間がかかるか、あるいは融資を受けることができないかもしれません。
消費者金融会社は延滞、滞納という言葉にはかなり神経質です。
延滞していてもきちんと返済していればいいのですが、そのまま焦げ付きを起こしているのでしたら、当然ですが融資を受けることはできません。
任意整理中で、きちんと返済をしているのでしたら、消費者金融会社によっては融資を受けることができるでしょう。
それでは、キャレントはどうかというと、これは融資を受けることもできるし、できない場合もある、ということになります。
人によって属性は微妙に違ってきます。
あくまでも、人や属性を見て判断しているので、必ず融資を受けることができるという断言はできないのです。

キャレントの金融商品関連ページ

消費者金融会社キャレント
キャレントは、東京都品川区五反田にある消費者金融会社です。本店のみですから規模としては中小消費者金融会社というよりも、街金に近いものになるかもしれません。一般的に街金レベルの消費者金融会社になると、審査も緩やかですぐに融資してくれるイメージがあります。
キャレント 審査
キャレントスーパーローンの審査はどのようになっているのでしょうか。利用限度額は500万円ということですから、500万円までは融資可能ということです。しかし、街金レベルの消費者金融会社で500万円まで融資を受けるのは普通ではないでしょう。もっとも、属性が低ければやむを得ない場合もあります。
キャレント 街金
街金となると、連想するのがヤミ金ではないでしょうか。信用情報機関に加盟していないから、ヤミ金では?と思う人もいることでしょう。信用情報機関に加盟していないからといってヤミ金というのは間違いです。
キャレント 口コミ
キャレントで融資を受けた人からの多彩な口コミを紹介します。「あらかじめ、キャレントがどのような貸金業者なのか、消費者金融情報などで調べておいたので安心して融資の申し込みができました。過去に滞納した履歴があるので、属性的に不安でしたが、完済していますし、その点は問題なかったようです。50万円の申し込みを希望しましたが、満額回答で、すぐに指定の口座に振り込んでくれました。この消費者金融会社はおすすめですよ。本人確認書類も必要なかったので、大丈夫かなとも思ったのですが、後で話を聞くと、写メなどで運転免許証を送るシステムでした。こういうのも合理的だなと思いましたね」