消費者金融会社 キャレント

消費者金融会社キャレント

キャレントは、東京都品川区五反田にある消費者金融会社です。
本店のみですから規模としては中小消費者金融会社というよりも、街金に近いものになるかもしれません。
一般的に街金レベルの消費者金融会社になると、審査も緩やかですぐに融資してくれるイメージがあります。
それでは、キャレントはどうなのでしょうか。
キャレントの特徴として営業店舗がないことが挙げられます。
これはどういうことかというと、融資の申込みはWEBに限られるということです。
キャレントの公式サイトには、住所の他に電話番号も銘記されています。
もっとも、この電話番号から融資の申込みはできないことになっているのです。
さらに、会員専用のフリーダイヤルですから、最初のコンタクトはWEBからという徹底ぶりですね。
ですから、キャレントの融資の申込みをするにはWEBから、つまりパソコンかスマホ、携帯電話が必要になるということになります。
来店不要ですから、家に居ながらにして融資の申し込みができるのは嬉しいところでしょう。
それでは、キャレントというのはどういった消費者金融会社なのでしょうか。
元々は、普通の消費者金融会社として、実店舗経営をしていた金融業者です。
その頃は社名を「eカード」としていました。
それが、キャレントに社名変更したのをきっかけにして、来店不要、実店舗なしの経営に舵を切ったのです。
俗にいうインターネット専門の消費者金融会社ということですね。

もっとも、多くの消費者金融会社がある中でインターネット専門(WEB専門)という消費者金融会社はそれほど多くはありません。
WEBでのキャッシングの受付もしながら、実店舗での受付もするといった、WEBや来店での融資受付を併用している消費者金融会社が多いのです。
借りる側としては、実店舗があるというのが消費者金融会社の信用度につながるのは間違いありません。
しかし、これだけインターネットが普及してどこからでもネットに接続できる環境になりました。
また、多くの人がスマホあるいは携帯電話を持っている状況では、スピード重視が何よりも大切になってきているのは想像に難くありません。
消費者金融会社は、融資をしてナンボの世界ですから、スピード融資をキャレントはもっとも重視していると言ってもいいでしょう。

 

 

来店しないでも本当に融資してくれるのか

多くの人がそう思うことでしょう。
しかし、クレジットカードの申込みなどを見ていてもわかるように、クレジットカード会社に来店しているでしょうか。
すべて書類を郵送することでクレジットカードが手元に届くようになっているはずです。
来店が必要なクレジットカード会社のほうが皆無といってもいいでしょう。
そのような中で、不安なるのはキャレントが中小消費者金融会社である点でしょう。
規模を考えると街金と思ってもいいくらいです。
そのような金融業者から、融資をしてもらっても大丈夫なのかという意見はもっともです。
しかし、考えてみると、キャレントを選択している時点で、すでに大手消費者金融会社あるいは銀行カードローンからの融資を受けるのは難しいと考えているのではないでしょうか。
融資を受ける金融機関を選択するのは、利用者の意思ですが、融資を受けることができなければ、元も子もありません。
大手消費者金融会社からの借入れができないのであれば、中堅消費者金融会社から借入れを申し込まなければいけません。
それもできなければ、さらに小規模な消費者金融会社に借入れの申込みをしなければいけないのです。
さらに、融資を受けると返済方法なども決めなくてはいけません。
金融会社によっては融資の限度額なども決めています。
300万円の融資を受けたいのに100万円を融資限度額にしている消費者金融会社でしたら、その時点で選択肢から外れてしまいます。
また、消費者金融会社の評判も大事です。
中には闇金に近いような金融業者もありますから注意しましょう。

貸金業協会の会員になっていることが最低条件となります。
そうなると、利息制限法に則って、高金利での融資はできないですから、利用者としても安心でしょう。
貸金業者から融資を受ける場合に注意しなくてはいけないのは金利です。
それでも、どうしても審査基準の緩い街金のような消費者金融会社となると、利息制限法でもギリギリの高金利を設定して融資をしようとします。
それでも、審査が緩くて、属性などに難のある人でしたらそれもやむなしとしなくてはいけないでしょう。
審査が厳しいのか緩いのかといった情報もネットなどであらかじめ調べておいたほうがいいのは間違いありません。
中小消費者金融会社のほうが大手の消費者金融会社と比較しても、融資の融通が利くのは間違いありません。
また、融資の申込み書に間違いがないかなどの在籍確認などは間違いなく行われると考えたほうがいいでしょう。
これも属性によるのですが、キャレントのようにWEBのみでの応対ということになると、在籍確認の電話はあると考えたほうがいいです。
また、融資を受けた際に考えないといけないのが返済日です。
延滞や滞納をしてはいけませんから、できるだけ、給料日の後に返済日の設定をするようにしましょう。

消費者金融会社キャレント関連ページ

キャレントの金融商品
中小消費者金融会社であるキャレントの金融商品を紹介します。紹介と言ってもキャレントの金融商品は至ってシンプルです。というのも1種類しかありません。金融商品の名前は「キャレントスーパーローン」です。このキャレントスーパーローンはいわゆるカードローンではありません。というのもカードは不要だからです。
キャレント 審査
キャレントスーパーローンの審査はどのようになっているのでしょうか。利用限度額は500万円ということですから、500万円までは融資可能ということです。しかし、街金レベルの消費者金融会社で500万円まで融資を受けるのは普通ではないでしょう。もっとも、属性が低ければやむを得ない場合もあります。
キャレント 街金
街金となると、連想するのがヤミ金ではないでしょうか。信用情報機関に加盟していないから、ヤミ金では?と思う人もいることでしょう。信用情報機関に加盟していないからといってヤミ金というのは間違いです。
キャレント 口コミ
キャレントで融資を受けた人からの多彩な口コミを紹介します。「あらかじめ、キャレントがどのような貸金業者なのか、消費者金融情報などで調べておいたので安心して融資の申し込みができました。過去に滞納した履歴があるので、属性的に不安でしたが、完済していますし、その点は問題なかったようです。50万円の申し込みを希望しましたが、満額回答で、すぐに指定の口座に振り込んでくれました。この消費者金融会社はおすすめですよ。本人確認書類も必要なかったので、大丈夫かなとも思ったのですが、後で話を聞くと、写メなどで運転免許証を送るシステムでした。こういうのも合理的だなと思いましたね」