キャレント 申込 キャッシング

キャレントの申込からキャッシングまで

キャレントのキャッシングの流れをみていきましょう。
店舗がないので、申し込み方法はインターネットのホームページの応募フォームからだけになります。

 

 

応募フォームでは

最初は、希望額と目的メールアドレスだけで、本当の応募内容になります。
10分程度で完了して、1時間程度で仮審査が完了します。
電話かメールで、結果が通知されます。
その時に、応募内容での確認事項があれば質問があります。

 

多くの中小消費者金融では、ここで必須の電話審査もありますが、キャレントではその電話もない方もいました。
メールで審査通過の知らせが来て、本人確認書類をFAXで送って、即日融資できた方も。
FAXでというのが、当日の審査完了をさせるための決め手です。
ここまで来たら、あとは振込を待つだけです。

 

14時程度でしたら、指定銀行に振込がされています。
もし、この時間を過ぎていたとしても、18時までには必ず連絡が来ます。

 

特別なことはない

店舗がないからと言って、特別な審査などはないです。
電話審査もない方がいるくらいですから、いたってシンプルな応募と審査になるようです。FAXに関しては、郵送よりも早いです。インターネット専業業者では、インターネットでしか申し込みができないことくらいが、特別感です。

 

まだ添付処理での審査対応はないのですが、これができれば、もっと早いキャッシングになることでしょう。
消費者金融系は即日融資は大手消費者金融だけですが、キャレントもうまく行けば即日融資ができる優良金融業者です。

 

 

振込融資

カードローンではないのですが、全国の銀行指定ができます。
そして、返済も引き落としに対応していて、こちらは三菱UFJ銀行口座が必要になります。
ここも新しい対応の一つです。

 

個人事業主の提出書類

ほとんどの方の必要書類は、本人確認書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。
収入証明書が必要な場合は、別途お知らせが来ます。
個人事業主の場合は、最初から収入証明書の提出を求められることになります。
というのも、在籍確認も自宅になることから、収入の出処の勤務先が不明です、
そこで、確定申告書などの書類提出が必須になることでしょう。
事前に準備しておくことで、即日融資に早道になります。

 

利用者に対して、インターネット対応がベストなキャレント。
審査も限定的ですが、一応柔軟な対応が期待できるとのことです。
3社程度の多重債務で、総量規制範囲内なら1万円からのキャッシングができます。
必ず収入があり、返済能力があることが証明されることが、審査通過の条件になります。

キャレントの申込からキャッシングまで関連ページ

中小消費者金融キャレントについて
キャレントは中小消費者金融ですが、店舗が無いインターネット専業業者です。柔軟審査でお金をかりることができます。利用金額は1万〜500万、金利は7.8〜18%、限度額は年収の3分の1で、審査完了次第即融資可能です。
新しいキャッシング キャレントはネット専業業者
キャレントはインターネット専業の金融業者であり、店舗はないです。インターネット申し込みでしか受付をしていないのも特徴の一つで、会員になったら、フリーダイヤルの電話ができるようになります。カードローンではなく、振込融資であり、返済は引き落としにも対応しています。即日融資も可能です。
スピード審査と即日融資は本当?
インターネット専業業者のキャレントでは、即日融資が多いです。審査では延滞があるかなどの質問はありますが、柔軟審査は期待できます。返済能力があれば貸すといったスタンスです。申込日に審査をしているので、即日融資は本当です。
キャレントはヤミ金ではない
キャレントは正規金融業者であり、金融事故者も借りれるブラック金融です。ヤミ金ではありません。金融庁の届け出もしており、利息制限法に則ったキャッシングを行っています。固定電話もありますので、安心安全にご利用できます。